肩こり解消・予防の運動について

肩こり解消・予防の運動について

長時間同じ姿勢でい続ける、枕が合わない、など日常的に起こることが原因で肩こりになりやすい人は多いです。

 

女性であれば胸が大きすぎるとそれだけで肩こりになりますし、原因が分かっていてもそれを根本的に解決することが出来ない場合もありますが、マッサージや揉み解し、整体などで改善することは出来ますので色々と試してみてください。

 

私は仕事の関係上、同じ姿勢でいることが多いので肩こりにもなりやすかったのですが、さすがに若くして肩こりに悩むのは嫌だったので、ひどい肩こりにならない努力をしています。

 

シャワーではなく浴槽につかってマッサージをして血流を良くする、適度に休憩して肩や肩甲骨をグルグルと動かす、など簡単にできることばかり実行していますが、これも肩こり改善・予防に効果があるので試してみてください。

 

現在、色々な肩こり解消グッズが売られていますが、それを買ったところで根本的な原因が解決しないと買い続けることになります。

 

単純に肉体疲労で来る肩こりもあれば体調が悪い、骨の位置などが関係して起こる肩こりもありますので、何をしても治らないという人は一度病院に行って診察してしてもらい、適度な治療を受けることをオススメします。

肩こり解消に簡単手軽な体操方法

 

私は、昔から肩がこりやすかったのですが、PCに向かっている時間が多くなり更に肩がこる様になってしまいました。

 

湿布などは、肌が弱く使うと痒くなってしまい使えませんし、マッサージにも忙しくてなかなか通い続ける事が出来ません。

 

ですが、最近ある簡単な体操をすることで、肩こりが解消されてきたのです。

 

そんな簡単に出来る肩こり解消体操を紹介します。

 

私に限らず、現代人には肩こりで悩む人が多いそうですが、その大きな原因となっているのが、肩や胸を縮めるような姿勢だそうです。

 

PCに向かっていたり、緊張したりストレスを感じると人は無意識に身体が縮こまってしまいます。

 

肩が内側に入り込んだり、前傾姿勢となっている時間が多い事で首や肩に負担が掛かることで肩こりが発生します。

 

ですから、体操により縮こまって身体を伸ばして楽にしてあげることが、肩こり解消には効果的なのです。

 

首を後ろにゆっくりと倒し、顎をぐっと上に伸ばして数秒キープ、次にゆっくりと首を耳を肩に近づけるイメージ左右に倒して数秒キープ、これにより首回りの筋肉が楽になります。

 

次に両手横に伸ばし肘を90度に曲げます。

 

そのまま前方ではなく後方に腕ではなく肩を意識してゆっくりと大きくグルグルとまわします。

 

さらに胸を開くように意識して行って下さい。

 

すると、内側に入り込んだ肩が正しい位置に矯正されるのです。

 

こうした体操を肩がこってきた時に1日に何度か行う事がお勧めです。

 

デスクワークの途中でも、場所をとらず座ったままでも行えますから、肩こり解消のために毎日実践してみて下さい。