肩こり&疲れの両方を取り除くには?まずは原因を知ろう!

肩こり&疲れの両方を取り除くには?まずは原因を知ろう!

毎日夜遅くまで仕事をして、育児や家事をしたり、夜も時間がもったいなくてなかなか眠らずにスマホをいじったり…

 

こういった方、非常に多いですよね。

 

確かに仕事や家事育児で忙しいという方は、寝る前のちょっとした時間がとても大切な自由時間ですよね。

 

しかし、やはり体が疲れているときにはたっぷりと睡眠をとっておかないと、なかなか体の機能が回復せずにしんどい状態が続いてしまうものです。

 

体が疲れた…と感じるということは、そういったサインが体から出ている状態ですから素直に休んでおくのが正解です。

 

 

さて、この体の疲れと大きく関わっているのが、肩こりです。

 

肩こりとともに一日の疲れもしっかり取り除いておきたいものですが、どのようにすれば肩こりと疲れが両方取れるのでしょうか?

 

そもそもどうして私たちは毎日の生活の中でこのように疲れてしまうのでしょうか。

 

疲れてしまう原因として挙げられるのは、大きくはストレスです。

 

もちろん、現場仕事や力仕事、よく歩いたあとなどは肉体的な疲れを大きく感じるでしょう。

 

しかし、そうでないという場合にはやはりストレスの存在が大きいものです。

 

また、それ以外にも力仕事でなくてもパソコンやデスクワークといった作業系は、非常に肩こりしやすく、目も疲れてしまう原因に。

 

さらに、肩こりを引き起こしてしまう内臓疾患もありますので、たかが肩こり…といって油断しないようにしましょう。

 

 

特に病気になっていることもなく、睡眠もぼちぼちとっているのになかなか疲れがとれない…ということって、ありますよね。

 

これは体が疲れている証拠で、それ以外にも「脳」が疲れている可能性があります。

 

深い眠りについてぐっすり熟睡できた次の日、なんだか体がだるい…という経験がありませんか?

 

しっかりと熟睡できたおかげで脳の活動が正常化して、体の疲れをきちんと認識したために「だるい・疲れた」と感じている状態なんです。

 

ここで、さらに体を休めることができれば体も脳もしっかりと休息できたということなんです。

 

つまり、1日休んだ程度では長く蓄積してきた疲れは完全に取り除けないということ。

 

疲れを溜めておくことによって肩こりの原因にもなりますし、逆に肩こりがあるせいで疲れやすくなってしまう…ということもあるので、どちらにしても疲れや肩こりは解消しておきたいものです。

 

 

肩こり・疲れのどちらにも効果的なのが、やはり入浴。

 

ゆっくりリラックスできる効果があるほか、血行を良くするために心身ともにリフレッシュすることができます。

 

また、肩こりの大きな原因として挙げられる血行の悪さを解消することができるため、肩こりにも疲れにも有効だということなんです。