ひどい肩こりの解消法、カギは「血行」だった!

ひどい肩こりの解消法、カギは「血行」だった!

仕事や何かの作業、家事や育児で肩こりに悩まされている方…非常に多いんですよね。

 

特に日本人は肩こりで悩んでいる方が多いと言われています。

 

この肩こりがなぜ起こってしまうかと言うと、要は血液の流れが悪くなってしまったせいで筋肉が疲れてしまう…この悪循環の繰り返しで、ひどい肩こりが生まれます。

 

ちょっと肩がこったな、というときにはぜひ血行を良くするようにマッサージしたり、さすってみてください。

 

これを放置していると、やがて凝ってきた肩の周りの筋肉が毛細血管を圧迫し始めて血行が悪くなっていきます。

 

血管というのはみなさんご存知の通り、酸素をはじめ体を動かすために必要な栄養分を運んでくれる働きがありますから、それができなくなってしまいますので、筋肉がさらに栄養不足で疲れてしまいます。

 

すると、また筋肉が収縮してしまって肩こりに…というふうに、悪循環となってしまうわけなんですね。

 

また、血管は栄養分を運んでくれるほかにも、老廃物を運び出してくれるという働きも持っているんです。

 

つまり、血行が悪くなると栄養分や酸素が体に行き渡らなくなるほか、体にとっての毒もそのまま運び出されず残ってしまう…ということになります。

 

これが、ひどい肩こりの正体です。

 

 

ですから、肩こりを治したい!と思ったらどうすれば良いか。

 

まずは、血行を良くしていくことが大切です。

 

いきなりゴリゴリと凝り固まった筋肉をほぐそうとせず、まずは筋肉を柔らかくして血行を良くしていきましょう。

 

自宅ならば温めたタオルを肩や首回りにかけて、温めて血行を良くしてあげると良いでしょう。

 

しばらく温めたあとに、肩を大きく回して筋肉をゆっくりほぐしていきます。

 

同じ方向にばかり筋肉をほぐすのではなく、肩を回すなどして全体をざっくりほぐすようなイメージで行ってみてください。

 

そして、また温める。

 

これを繰り返していくことで、かなり肩の周りが軽くなるのではないでしょうか?

 

 

また、オフィスでデスクワークやパソコンに集中した仕事をしているという方の場合。

 

ここでは自宅のようになかなかホットタオルを使うことはできませんから、使い捨てカイロを使ってみると良いでしょう。

 

やり方はホットタオルと同じで、肩や首などにカイロを当てて血行を良くしていきます。

 

カイロの温かさの持続時間を考えると、休憩時間にはカイロをじっくり当てておくと良いかもしれません。

 

このように、肩こりを治そうと思ったら筋肉をゴリゴリほぐすのではなく、血行を良くすることから始めていきましょう。