肩こり解消のために血行を良くしよう!

肩こり解消のために血行を良くしよう!

みなさんは、肩こりに悩まされていませんか?

 

と言うのも、デスクワークをしている人はもちろんですが、それ以外にも赤ちゃんを抱っこしっぱなしのお母さん、重たいものを持っている現場作業の人など、多くの人が肩こりに悩まされる環境になっています。

 

肩こりは筋肉が凝り固まって起こるものではありますが、その原因は実は「血行の悪さ」にあるんです。

 

つまり、肩こりが起こってしまうというのは重たいものを持ったりするために起こる筋肉の問題ではなく、

 

同じ姿勢をとったり冷えなどから起こる血行の問題だったんです。

 

しつこい肩こりに悩まされている…という方は、血行を良くすることで肩こりを解消することができるというわけなんです。

 

では、どのようにすれば肩こり解消につながるのでしょうか?

 

 

まず、血行を良くするには体を温めることが重要です。

 

お風呂に入ったときや、マッサージを受けて血行が良くなったあと、肩こりや体のこりがスッキリとれた!という経験がありませんか?

 

これは血行が良くなったという証拠で、血行が良くなると老廃物の動きがスムーズになり、体の外へ出ていきやすくなるためスッキリするんです。

 

血液は、体のあちこちに酸素などを運んでくれる働きを持っていますが、逆に老廃物を運び出してくれるという役割も持っています。

 

そのため、血行が悪くなると老が遺物も体の中に溜まりやすい状態になるということなんです。

 

特に肩こりの場合には、筋肉疲労の原因であると言われている「乳酸」が溜まってしまったり、筋肉を動かすことでブドウ糖が使われますが、その燃えカスが残ってしまったりします。

 

これらの不要物を運び出さなければ、さらに筋肉が疲れてしまう原因にもなり兼ねません。

 

 

さて、こうした血行不良が原因となっている肩こりですが、どのように解消していけば良いのでしょうか?

 

その方法はやはり体を温めることです。

 

普段シャワーでささっとお風呂を済ませている…という方は、しばらく入浴するようにしてみてください。

 

体がポカポカと温まることで、血行はもちろん代謝も良くなり、肩こりなどの全身のコリ・ダイエット・デトックスなど嬉しい効果がたくさん得られます。

 

また、なかなかゆっくりお風呂に浸かることができない、マッサージも受けられない…という方は、ホットタオルや温湿布を活用してみてください。

 

肩こりのために冷湿布を使ってしのいでいる…という方は少なくありませんが、いつも方がこっているという慢性的な肩こりには温湿布がおススメ。

 

血行不良が原因で肩こりが起きている可能性が大きいので、温湿布を使うことで血行を良くしてあげましょう。